千鳥ポートレート

田中千鳥 プロフィール

むかしむかし、今から100年ほど前、大正という時代、 山陰鳥取に詩や日記を書く少女がいました。
七歳半で彗星のように消えました。

  • 1917年(大正六年)3月
    鳥取県気高町浜村に生まれました。
  • 1924年(大正十三年)8月18日
    没。享年八歳。尋常小学校二学年でした。

田中千鳥の映画を作りました

私たちは、千鳥百年を記念して映画を作りました。30分の短編映画です。 単なる記録映画・評伝映画の枠を超えた新しい映画をめざしました。
なにも足さない、何も引かない、千鳥の詩文は過不足なく私たちの前にすっくと立っています。素朴だけれど深い。単純だけれど広い。 映画は、そんな彼女の世界に拮抗し、共鳴・共感・共振する地平に立ちたいと願ってつくりました。応援してください。

映画を応援してください

映画の完成を契機に、田中千鳥の存在と詩文を全国に、世界に拡げていく活動を加速します。応援してください。 応援いただいた方には千鳥百年特製絵葉書セット(5枚組)をプレゼントします。

特製絵葉書セット

最新ニュース

田中千鳥 生誕百年に寄せて

人の一生とは一体何なのでしょうか。永ければ幸福というものではありません。 しかし、短すぎるのは悲しいものです。
千鳥の人生はあまりに短いものでした。けれど、輝いていました。 その輝きは、自らの力で輝く太陽ではありません。他者の力を受けその反映で輝く月光の輝きです。 人はともすれば自ら輝く太陽ばかりを強く愛でます。
かそけくはかない月の光は忘れられます。
いま、影薄き者たち・小さきものたちが私たちを照らします。

ツイッター

フェイスブックページ

当サイトの更新情報や最新ブログ記事がタイムラインに届くようになります。ぜひ、いいね!をお願い致します。